スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

アクセサリー制作の工具について

みなさんこんにちは

突然ですが、アクセサリーを作る時、工具ってどんな風に選んでますか??
色々あってよく分からないからなんとなく選んでしまっていた…という方も
多いのではないでしょうか?

今回は、同じ種類の工具でもこんなに違うの?!という情報を教えちゃいます
アクセサリー作りに慣れてきたら、工具にもこだわってみてはいかがですか?
仕上がりにグンと差が出ますよ


【丸ヤットコ】
繊細なアクセサリーの時によく使われる技法の「めがね留め」。
小さなめがね留めをする時は、この丸ヤットコが一番
110125_丸ペンチ
HRC-D14 丸ペンチ(先細タイプ)

110125_先端
先端がとっても細いので、小さな円がとても作りやすいです

110125_握り
そして、手にしっとりなじむグリップもこのシリーズの特徴です

同じシリーズはこちら!
110125_ニッパー
HNC-D04 ニッパー


逆に、9ピン等大きく丸めたい場合は、先が少し太めのこちらがおすすめ!
110125_ラバーグリップ
精密ラバーグリップヤットコNO.253(両丸)


110125_めがね留め比べ
めがね留めの大きさは比べてみるとこんな感じ(先端の方を使って丸めました!)
左:HRC-D14 丸ペンチ(先細タイプ)
右:精密ラバーグリップヤットコNO.253(両丸)
※ビーズはスワロフスキー・エレメント#5328 3mmを使用しています。


【平ヤットコ】
小さなめがね留めを作る時には、こちらの平ヤットコをセットで使うのがおすすめ
110125_ラジオペンチ
HLC-D14 ラジオペンチ(溝なし)

110125 _曲げ
小さいめがね留めのワイヤーを曲げる時、先が細いので
ちょうど良い長さに曲げられます

110125_ヤットコ違い
こうやって見ると左側のHLC-D14 ラジオペンチの方が
ぴたっとくっついているのが分かりますか?だからしっかりはさみやすい!
この微妙な差が、作りやすさの差につながるのです


今週のレシピにはHRC-D14 丸ペンチ(先細タイプ)
HLC-D14 ラジオペンチ(溝なし)を使うのがオススメですよ

110125_レシピ

『レシピNo.641 国産キャストパーツのフープピアス3種』


他にもオンラインショップではこんなヤットコをお取り扱いしています

110125_丸           110125_丸

精密ヤットコNO.242(両丸)   精密ヤットコNo.240(両平)
バネがないので先が勝手に開かず、先が細いので
こちらも小さいめがね留めに向いていますよ


今回はちょっぴりマニアックな情報でしたが、いかがでしたか?
みなさんも自分に合う工具をじっくり選んで
素敵なアクセサリーを作ってくださいね





ツイッター始めました!旬な情報つぶやき中です!
→オンラインショップ Twitter
→貴和製作所ラフォーレ原宿店 Twitter


オンラインショップへ

2011.01.25 | HOW TO

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。